about当園について

ご挨拶

作陽保育園は、今年で67周年を迎えました。保育の基本として「音楽」「食育」「健康」を3本の柱として、専門機関の先生方と交流を持ち、子どもたちの健やかな成長の為に日々職員の資質向上に努めています。親子の触れ合いの一環として「親子体操」や「絵本の読み聞かせ」に力を入れ、小さい時から親子で体を動かし触れ合う楽しさや読書の好きな子ども、感性や情緒豊かな子どもへ成長する様に願っています。年間を通して地域の老人会、愛育委員の方々との親交を深め、日本赤十字社に加盟し子どもたちに思いやりの気持ちを育み、命と環境を大切にできる心を育んでいます。 四季折々の自然環境に恵まれ天気の良い日は園外に出かけています。また、広い運動場にも恵まれて、毎日子どもたちの歓声や笑顔が保育園中にあふれています。 「明るく、たくましく、思いやりにある子ども」を目標として掲げ、これからも子どもたち一人ひとりの成長を願い、夢の多い活動を展開できるように取り組んでいきたいです。

園長
延永洋子

保育目標

  • たくましく、健康な身体を作
    り元気いっぱい遊べる子ども

  • 明るく、元気で思
    いやりのある子ども

  • 自然とふれ合い、音楽に
    親しみ感性豊かな子ども

保育方針

  • 1.一人ひとりの子どもを大切にし、子どもの育ちに沿った保育を行う。
  • 2.保育者との連携を大切にしながら、音楽・食育・健康教育に取り組み、保護者と共に保育・子育てを行う。
  • 3.特別支援保育・延長保育・一時保育・体調不良型保育・園庭開放事業など、保護者のニーズに応じた保育を行う。
  • 4.地域老人会、福祉施設との交流を深め、地域に根ざした保育を行う。

園の概要

理事長 松田 英毅
園長 延永 洋子
定員 120名
開園年月日 昭和28年4月1日
開園時間 昭和28年4月1日
保育対象年齢 産休明け~就学前
特別保育事業 保育標準時間認定:午前7時~午後6時
保育短時間認定:午前8時30分~午後4時30分
職員 園長・主任保育士・副主任保育士・保育士・栄養士・調理員・看護師・事務員
嘱託医 2名(小児科…弓狩 華吉医師、歯科医…秋山 純医師)

校章について

作陽保育園 園章
可憐で素朴な中に、強靭な育つ力を持った「なでしこ」の花。
明るくて、たくましく、思いやりのある子どもに育ってほしい願いが込めてあります。

財務諸表

作陽保育園では、社会福祉法第59条の2及び同法施行規則第10条の規定により、 財務諸表等を公開しています。

令和元年度

アクセス

保育園からは津山線が見えるよ!